継続配信のカギ、誤認が難しくしている「ネタ」探し

【無料ダウンロード】
継続配信のカギ、
誤認が難しくしている「ネタ」探し

「プレスリリースを出したいけれどネタがない」こういったお悩みを聞く機会は多く、しばしば広報担当がぶつかってきた壁かと思います。「新商品」「イベント」など日々新しい出来事があればネタには困りませんが、このように大きな出来事はそう頻繁にはないもの…。
その一方で「メディアに露出したい」「定期的なプレスリリース配信をしたい」という実情と相反する状況はそう少なくありません。

本資料では、広報担当を悩ます「ネタ探し/ネタ作り」について「ニュース性」「ストーリー性」の観点に触れて説明します。

このような方におすすめ

  • プレスリリースを送っているけれどイマイチ手ごたえがない
  • プレスリリースを出したいけれどネタがない
  • そもそも「ネタ」が何かわからない


    ※メールが届いていない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダにフィルタリングされていないか、ご確認をお願いいたします。

    プライバシーポリシー

    プレスリリースのお悩みをプロに相談
    • 広報活動の第一歩
    • イベントの集客
    • あのメディアに載りたい
    • とにかく取材されたい 等

    「プレスリリースを出そう」と思うに至る理由は様々。そのため、お悩みの解決策もそれぞれ異なり多種多様です。

    ・初めてのプレスリリースで手取り足取り教えて欲しいのか…
    ・より良いプレスリリースを出すためのアドバイスが欲しいのか…

    “広報歴”一つ取っても、求めているサポートは大きく異なることと思います。

    プレスリリース配信サービスは、今でこそ一般的になってきましたが「@Press(アットプレス)」は先駆けとなる老舗のサービス1配信ごとに1名専属担当が付き、原稿校正~配信先のメディア選定~配信実行までをサポートしています。

    年間約2,000本のプレスリリースを校正するプロを擁する@Pressは、日々様々なプレスリリースを見ています。
    どのように進めたらいいのかお困りの担当者様は、ぜひお気軽にご相談ください。